ステージ
熱海五郎一座 フルボディミステリー「消えた目撃者と悩ましい遺産」

熱海五郎一座 フルボディミステリー「消えた目撃者と悩ましい遺産」
現在、放送予定はありません。

“東京の笑い”を継承すべく“軽演劇”にこだわって活動する、三宅裕司率いる熱海五郎一座の新橋演舞場シリーズ第4弾。藤原紀香をゲストに迎える。

神田神保町生まれの三宅がこだわるのは東京の笑いを体現した軽演劇。三宅は、熱海五郎一座が目指すのは分かりやすい大衆的な笑いだとし、「大衆的といっても決して古さを感じさせない、今の時代に生きている笑い」と語る。
出演は座長の三宅をはじめ、渡辺正行、ラサール石井、小倉久寛、春風亭昇太、東貴博、劇団スーパー・エキセントリック・シアターといった気心の知れた面々。そこに、ゲストとしてドラマやミュージカルなど多方面で活躍する藤原紀香が加わる。2017年もお待ちかね、歌ありダンスありアクションありの一大エンターテインメント喜劇が開幕!

My番組登録者数
  • 0
熱海五郎一座 フルボディミステリー「消えた目撃者と悩ましい遺産」

“東京の笑い”を継承すべく“軽演劇”にこだわって活動する、三宅裕司率いる熱海五郎一座の新橋演舞場シリーズ第4弾。藤原紀香をゲストに迎える。

熱海五郎一座は、伊東四朗を座長として2004年に旗揚げされた「伊東四朗一座」を起源とする劇団。伊東が公演に参加できず、三宅裕司が座長を務める際に使用されるその名には“伊東”より少し東京寄りの“熱海”、“四朗”ではなく“五郎”とのしゃれが込められている。熱海五郎一座としては2006年に旗揚げ。2014年以降、毎年日本の芝居の“殿堂”新橋演舞場で公演を行ない、今回ではや4作目となる。
【ストーリー】
夫婦デュオとして活動していた安藤京香(藤原紀香)と原中イクラ(小倉久寛)。だがある日、原中が痴漢の容疑で逮捕されてしまう。冤罪を訴える原中だが、腕利きの検察官・木曽賢治(東貴博)が立ちはだかり裁判は圧倒的に不利な状況。それでも原中の担当弁護士・橋上通(三宅裕司)は無罪を勝ち取ろうと躍起になっていた。
そんな中、京香の元夫で医者の藪診誤(渡辺正行)は京香のことを諦めきれず復縁を迫る。実は京香は今、橋上が勤める弁護士事務所の代表・黒伊賀護(ラサール石井)と交際していた。藪は、黒伊賀の担当医という立場を利用し、黒伊賀の余命が短いことを宣告。なんとか2人を別れさせ、全財産を京香に残すような遺書を書かせようとする。だが、そこに黒伊賀に絶縁された息子で僧侶になった六法禅宗(春風亭昇太)が突如出現。そして、六法が相続人として名乗りを上げたことから、激しい遺産相続争いが繰り広げられることになる。

収録日・収録場所

  • 2017年6月16日/東京 新橋演舞場

出演

  • 渡辺正行
  • ラサール石井
  • 小倉久寛
  • 春風亭昇太
  • 東貴博
  • 劇団スーパー・エキセントリック・シアター
  • 藤原紀香

スタッフ

  • 出演・構成・演出
    三宅裕司

関連特集

土曜ステージ

土曜夜はチケット入手困難な話題のステージ

関連特集

土曜ステージ

土曜夜はチケット入手困難な話題のステージ

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの