ステージ
松尾スズキ作・演出「業音」

松尾スズキ作・演出「業音」
現在、放送予定はありません。

底知れぬ人間の“業”の闇を描いた悲劇。大人計画のキャストが集結し、不幸に見舞われていく人々を演じる。2002年の初演から15年の時を経てよみがえった衝撃作。

主演は平岩紙。初演で荻野目慶子が演じた主人公が、力強くポップに生まれ変わる。出演は平岩のほか、池津祥子、伊勢志摩、宍戸美和公、宮崎吐夢、皆川猿時、村杉蝉之介という、映画やドラマなどでも大活躍している大人計画のメンバーが名を連ね、松尾自身も出演。物語の要所で登場する夢とも現実ともつかない不思議な存在である踊り子は、初演時、そして今回も振り付けを担当したダンサーの康本雅子が務める。

My番組登録者数
  • 0
松尾スズキ作・演出「業音」

底知れぬ人間の“業”の闇を描いた悲劇。大人計画のキャストが集結し、不幸に見舞われていく人々を演じる。2002年の初演から15年の時を経てよみがえった衝撃作。

「大人計画」主宰の松尾スズキが作・演出する公演シリーズ“日本総合悲劇協会(ニッソーヒ)”の公演。この作品はニッソーヒによって2002年に初演されたもの。今回の上演に当たり松尾自身が書き直した。限りなく深い人間の“業”を主題とした作品で、“それ”をやらなければ物事がうまく進むことは分かっているのに、どうしても“それ”に固執し“業”を生み出してしまう人間のさがを描く。
【ストーリー】
母親の介護をネタに演歌歌手として再起を目指す元アイドル土屋みどり(平岩紙)は、マネジャーの末井(皆川猿時)を乗せた自動車を運転していた。その道中、自殺願望を持つ夫・堂本(松尾スズキ)と、夫をこの世につなぎ留めようとする聡明な妻・杏子(伊勢志摩)と遭遇し、不注意から杏子をはねてしまう。杏子は脳を損傷し植物状態に。激怒した堂本はみどりを拉致し、杏子の意識が戻るまで妻になるよう強要する。
やがてみどりの周囲では、芸能界を夢見て上京したが、売春でしか生きていくことのできない兄妹・克夫(宮崎吐夢)とぽんた(池津祥子)、心が屈折したゲイの丈太郎(村杉蝉之介)、正体不明の老婦人・財前(宍戸美和公)らが不幸のループに巻き込まれていく。そんな中、堂本と末井双方と関係を持つみどりは父親が分からない子を出産するが、いつしか子どもの命を引き換えにしてでも、堂本とのわずかな触れ合いを求めるようになる。

収録日・収録場所

  • 2017年8月23日/東京 東京芸術劇場 シアターイースト

出演

  • 松尾スズキ
  • 平岩紙
  • 池津祥子
  • 伊勢志摩
  • 宍戸美和公
  • 宮崎吐夢
  • 皆川猿時
  • 村杉蝉之介
  • 康本雅子

スタッフ

  • 作・演出
    松尾スズキ

関連特集

土曜ステージ

土曜夜はチケット入手困難な話題のステージ

関連特集

土曜ステージ

土曜夜はチケット入手困難な話題のステージ

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの