映画
ビューティフル・デイ

ビューティフル・デイ
現在、放送予定はありません。

行方不明の少女の捜索に乗り出した元軍人の主人公に扮して、J・フェニックスが鬼気迫る演技を披露。第70回カンヌ国際映画祭で男優賞と脚本賞をW受賞した衝撃の問題作。

さる政治家の依頼で行方不明の少女の捜索に乗り出したプロの仕事人を待ち受ける思いも寄らぬ運命を、「少年は残酷な弓を射る」のL・ラムジー監督が説明的な描写や感傷は一切排し、全編エッジの利いた演出でクールかつスタイリッシュに描写。必要とあらば殺しもいとわない元軍人の冷徹非情な主人公に扮して、「ザ・マスター」の実力個性派男優フェニックスが圧巻の演技と存在感を発揮。J・グリーンウッドのソリッドな音楽も刺激満点で、“21世紀の「タクシードライバー」”とも評される衝撃の問題作に仕上がった。

My番組登録者数
  • 0
ビューティフル・デイ

行方不明の少女の捜索に乗り出した元軍人の主人公に扮して、J・フェニックスが鬼気迫る演技を披露。第70回カンヌ国際映画祭で男優賞と脚本賞をW受賞した衝撃の問題作。

行方不明者の捜索を請け負うプロの仕事人ジョー。元軍人の彼は、さまざまな修羅場を経験しながら、犯罪組織の手中に落ちた多くの少女たちの救出に成功してきた。そんな彼のもとに、組織にさらわれた愛娘のニーナをどうか無事取り戻して欲しいと、州上院議員のアルバートから新たな仕事の口が舞い込む。組織のアジトに乗り込んだジョーは、愛用の武器を使って用心棒らをたたきのめすと、うつろな表情をした少女を無事救出するが…。

作品データ

  • 原題/You Were Never Really Here
  • 制作年/2017
  • 制作国/イギリス/フランス/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/90分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

受賞歴

  • 第70回(2017)カンヌ国際映画祭男優賞「ホアキン・フェニックス」
  • 第70回(2017)カンヌ国際映画祭脚本賞

出演

役名 役者名
ジョー ホアキン・フェニックス
ジョーの母 ジュディス・ロバーツ
ニーナ・ヴォット エカテリーナ・サムソノフ
ジョン・マクリアリー ジョン・ドーマン
アルバート・ヴォット州上院議員 アレックス・マネット

スタッフ

  • 監督
    リン・ラムジー
  • 製作
    パスカル・コシュトゥー
  • 製作
    ローザ・アッタブ
  • 製作
    リン・ラムジーほか
  • 脚本
    リン・ラムジー
  • 撮影
    トム・タウネンド
  • 音楽
    ジョニー・グリーンウッド

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの