映画
ホワイト・ボーイ・リック

ホワイト・ボーイ・リック
現在、放送予定はありません。

黒人ギャングの中で唯一の白人として頭角を現わし、“ホワイト・ボーイ・リック”と呼ばれた実在のギャングの姿を綴った実録サスペンス。M・マコノヒーら実力派が共演。

「ブラック・スワン」のD・アロノフスキーが製作に名を連ねた実録ギャングストーリー。14歳でFBIへの情報提供者となり、16歳で麻薬ディーラー、後に終身刑を言い渡された実在のギャング、“ホワイト・ボーイ・リック”ことリチャード・ウェルシュ・ジュニアの波乱の半生を綴る。若手R・メリットが映画初出演でいきなり主役に抜擢された。加えて主人公の父親役を演じるM・マコノヒーの熱演も出色だ。ほか、B・ダーン、J・J・リーら実力派が脇を固める。監督は「ベルファスト71」のY・ドマンジュ。

My番組登録者数
  • 0
ホワイト・ボーイ・リック

黒人ギャングの中で唯一の白人として頭角を現わし、“ホワイト・ボーイ・リック”と呼ばれた実在のギャングの姿を綴った実録サスペンス。M・マコノヒーら実力派が共演。

1980年代のデトロイト。父は銃のディーラー、母は失踪、姉は薬物依存症という家庭で育った10代の白人少年リックは、いつしか地元の黒人ギャングとの仲を深め、ホワイト・ボーイ・リックと呼ばれるようになった。そんなある日、彼にFBIエージェントのスナイダーらが接触し、リックは否応なく情報提供をさせられることに。以来、リックはギャングたちに信用されるよう、より危険な裏仕事にも手を染めるようになるが……。

作品データ

  • 原題/White Boy Rick
  • 制作年/2018
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/112分
  • ジャンル/ドラマ・サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
リチャード・ウェルシュ・シニア マシュー・マコノヒー
リチャード(リック)・ウェルシュ・ジュニア リッチー・メリット
ドーン・ウェルシュ ベル・パウリー
スナイダー ジェニファー・ジェイソン・リー
レイ・ウェルシュ ブルース・ダーン
ヴァーナ・ウェルシュ パイパー・ローリー
ジャクソン ブライアン・タイリー・ヘンリー

スタッフ

  • 監督
    ヤン・ドマンジュ
  • 製作
    ダーレン・アロノフスキー
  • 製作
    スコット・フランクリン
  • 製作
    ジョン・レッシャーほか
  • 脚本
    アンディ・ワイス
  • 脚本
    ローガン・ミラー
  • 脚本
    ノア・ミラー
  • 撮影
    タト・ラドクリフ
  • 音楽
    マックス・リヒター

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの