新着番組

BULL/ブル 法廷を操る男

BULL/ブル 法廷を操る男
放送予定日

10月7日(土)スタート(全23話)[第1話無料放送]
 毎週土曜 夜11:00
 毎週水曜 夜10:00

実在の人物をモデルにした新感覚法廷ドラマ。ドクター・ブルを中心とした6人のスペシャリストが人間の心理を利用して裁判をコントロールし、クライアントを勝利へと導く。

 全米CBSネットワークで昨秋スタートして大ヒットし、第2シーズンへの継続が決まった新感覚法廷ドラマ。ドクター・ジェイソン・ブルは裁判科学の専門家で、彼が創始した“TAC(タック):トライアル・アナリシス社”は依頼を受けると、裁判をクライアントに有利にコントロールしようと行動を開始。特にドクター・ブルを中心とした専門チームは陪審員12人を徹底的に分析してそっくりな“擬似陪審員”を集めたり、証人や被告を誘導して裁判を勝利に導くスペシャリストの集まりだ。
 全米で人気のTV司会者でもあるフィル・マッグロウ博士が“訴訟コンサルタント”時代にした体験をモデルに、かつてないスリリングな裁判ドラマを生んだ。主人公ドクター・ブルを演じるのはヒットドラマ「ダーク・エンジェル」「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」で知られるM・ウェザリー。製作総指揮は映画監督スティーヴン・スピルバーグ、マッグロウ本人ほか。第1話は映画『アルバート氏の人生』のロドリゴ・ガルシアが監督。

<ストーリー>
 心理学など3つの博士号を持つブルが創始した“TAC:トライアル・アナリシス社”では、彼に加えて元検察官の弁護士ベニー、元国土安全保障省職員のマリッサ、元FBI捜査官のダニー、ITに強いケイブル(演じるのは本作に参加した脚本家ポール・アタナシオの娘アナベル)、法廷で被告や証人が着る服をコーディネートするスタイリストのチャンクという計6人がチームで活動。クライアントを勝たせるべく、陪審員たち全員のデータを分析して戦略を立て、証人や被告にアドバイスもし、裁判を有利に導く。彼らは、IT長者の未成年の息子がガールフレンドを殺したと疑われた裁判、旅客機墜落事故で唯一生存した女性パイロットが責任を問われた裁判など、難しい案件に取り組む。

関連情報

企画:ポール・アタナシオ、フィル・マッグロウ博士
製作総指揮:マーク・ゴフマン、ポール・アタナシオ、フィル・マッグロウ博士、スティーヴン・スピルバーグ、ジャスティン・ファルヴェイ、ダリル・フランク、ジェイ・マッグロウ、ロドリゴ・ガルシア
製作:マイケル・ウェザリー、カティ・ジョンストン ほか
音楽:ジェフ・ルッソ
出演:マイケル・ウェザリー(ジェイソン・ブル役/声:東地宏樹)
   フレディ・ロドリゲス(ベニー・コロン役/声:古谷徹)
   ジェニーヴァ・カー(マリッサ・モーガン役/声:竹内順子)
   ジェイミー・リー・カーシュナー(ダニー・ジェームズ役/声:長尾歩)
   アナベル・アタナシオ(ケイブル・マックロリー役/声:近藤唯)
   クリストファー・ジャクソン(チャンク・パーマー役/声:西村太佑)

<関連番組>
「無料でWOWOW!」で第1話無料放送   10月10日(火)深夜0:00[無][二][字][WOWOWプライム]
10月スタート!「BULL/ブル 法廷を操る男」(ストーリー編、キャラクター編)   9月1日(金)深夜3:25[WOWOWプライム]ほか[無]

WOWOWは初月料金なしでお得!

15程度※1で視聴スタート!

いますぐ申し込む

※1 お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合わせください。

※ご解約の翌月に再度ご契約申し込みをされた場合には、ご契約が成立した月の視聴料が発生いたします。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの